AEDのリースには様々なメリットがあります

近年では万が一の事を考えてAEDを取り扱う企業が非常に増えてきています。とはいえAEDの購入には高額な費用が発生することから、リース契約を結んでいるところがほとんどと言えるでしょう。AEDのリース契約には様々なメリットがあります。どのようなメリットがあげられるのかと言うと、まず第一に初期費用が安いことが挙げられます。

一括購入すると10万円から20万円という大きな初期費用がかかることになりますが、この初期費用を安く済ませることができます。また費用が予算化しやすいこともメリットの一つに挙げられるでしょう。メーカーの保証期間をベースとして設定することが多いため、保証期間の5年間が基本的なリース期間にあたります。月々にどれくらいの費用がかかるのかを一目で見ることができるため、予算が組みやすいことも特徴です。

三つ目には動産保険がつくことが挙げられます。契約によっても異なりますが、動産保険が付帯しているものもあります。保証の範囲は非常に種類が多く、盗難や火災伊東店破損や破裂その他にも落雷や雪害などの自然災害も含まれています。万が一物品に損害があった場合には、保証をしてくれるため安心です。

動産保険に加入することができれば、万が一の際にもより手厚いものとなるでしょう。そして固定資産税がかからないことです。固定資産税はリース会社が固定資産税を負担することになります。最後に追加費用もかかりません。

期間中の消耗品代をリース料金に含んでいるところが多いので、追加費用がかからないというメリットもあります。とはいえ契約内容により別料金が発生するケースもあるため、契約の際には内容をしっかり確認する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*