駐車場における防犯性

subpage-img

駐車場内に自動車を駐車しているときに、アルミやタイヤ、エンブレムなどといった、自動車のパーツの一部を盗まれたり、あるいは車内にあった貴重品を盗まれたりといった被害に遭うことは、それなりに多いものです。

駐車場情報探しのヒントをお教え致します。

このため、もし月ぎめで駐車場の賃貸借契約をしようとする場合には、その駐車場の防犯面での性能なども、あらかじめ検討しておいたほうがよいといえます。



独立した建物のなかに自動車を駐車させる機械式のタイプであれば、日常的に自動車を入庫したり、出庫したりするときにはわずらわしいものですが、その分だけ構造的に盗難などの被害には遭いにくいという特徴があります。

もし入庫や出庫を専属のオペレーターが管理していたり、または常時警備員を置いているという場合には、さらに防犯面での安心度は高いといえるでしょう。


これに対して、平地に自動車を駐車させる平面式タイプのものは、盗難を防ぐための障壁がなく、しかも他の駐車中の自動車による死角が生じやすいということもあって、盗難被害に遭う可能性は、一般的には高くなってしまうものといえます。ただし、こうした平面式タイプの場合であっても、料金の徴収を係員が行うために常時の場内監視を兼ねていたり、主要な箇所に監視カメラを設置して遠隔で警備会社が監視しているようなことがあります。



このような防犯上の工夫をしている場合については、平面式とはいっても、一定の安心感があるといえるでしょう。

top