駐車場内での事故と保険金

subpage-img

自動車に乗っている人であれば、事故に備えて自動車保険に加入しているというのが一般的であり、もし公道の上で事故を起こしてしまった場合、保険会社から損害の金額にみあったしかるべき保険金が下りることになります。

駐車場の情報はここで調べよう。

ここで、駐車場の敷地内のように、国や自治体が管理している公道とは呼べないような場所で事故を起こしてしまった場合に、はたして保険金が下りるのかどうかは気になるところです。



実は、歩行者や自動車が通行するために開放されているような場所であって、使用にあたってもいちいち所有者などの許可を受ける必要がない駐車場のような場所については、公道と同じく道路交通法の適用範囲とされることがあります。
この場合、事故が起これば警察を呼んで現場検証をしてもらうことになりますし、また、当事者から請求すれば、交通事故証明書と呼ばれる証明書の発行も受けることができます。事故によって保険会社に保険金を請求する場合には、この交通事故証明書の添付が必須となるのが普通ですが、駐車場内で起こった事故であったとしても、交通事故証明書の添付が可能なため、保険金も下りるということになります。ただし、駐車場内の照明灯やポールにぶつかって運転していた自動車にキズやへこみといった被害が出るといった、いわゆる自損事故の場合については、自動車保険のなかでも車両保険と呼ばれるタイプの保険を契約していない限りは、保険金が下りることはありません。



top