頭痛外来に行くメリットとは?

日本人の約8%の人が頭痛に悩んでおり、特に女性に頭痛の症状を感じる人が多いと言われています。多くの人が「頭痛くらいなら」と市販薬を利用したり我慢してしまいますが、頭痛には重大な病気が隠されている可能性があるため、症状が長引くようなら頭痛外来で診察をしてもらうようにしましょう。頭痛は神経内科や脳神経外科、内科やペインクリニックでも診察をしてもらうこともできますが、できれば頭痛外来を利用するようにしましょう。一言で頭痛と言っても原因も痛みの程度もさまざまです。

偏頭痛や神経的なものが引き起こしている頭痛、脳出血や脳梗塞、髄膜炎などの命に関わる大きな病気によって引き起こされる頭痛など様々なものがありますが、頭痛の種類によって治療法や薬が違ってきます。その人の頭痛に適した治療を行うことで症状の改善が見込まれるため、頭痛を専門としている頭痛外来での治療ならば多くの経験から適した治療を行って貰えるというメリットがあります。頭痛外来で診察を受けるタイミングでちょうど良く頭痛になっているということは少ないでしょう。そのため、いつ、どんなタイミングで頭痛が起こり、どのような痛みがどのくらいの時間継続しているのか、という情報を整理して医師に相談を行うことで、よりスムーズに頭痛の原因を解明して適切な治療を受けることができる可能性が高くなります。

ひとりで我慢することを続けるより、まずは医師に相談をしてみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*