AEDはリースを活用したほうが便利

人がたくさん集まるような場合では、不意な病人が出たりします。駅の構内などでも、たまに急に倒れてしまった人が出て周囲の人がどうしたらいいかわからずに大騒ぎをしているシーンに出くわしてしまうということがあります。そんな時に、たまたま医療関係者などがその場にいれば安心して任せることができますが、だれもいないとやはり右往左往してしまいます。最近では、AEDという持運びのできる自動の体外式除細動器と呼ばれる医療機器がさまざまな場所に置かれているので、多少は安心です。

ただし、その使い方などを周知されていないため、やはり詳しい人がいないと不安になります。AEDzは赤い箱に目立つようにAEDという文字も書かれているため、容易に見つけることができます。人が多く集まるような場所には置くようにされていますが、だれもが気軽にいつでも使うというものでもないので、いざというときのために置いてあるというもののようです。ただし、いざというときにきちんと作動しないと何の役にも立たないということになってしまうので、そんなことがないようにメンテナンスを行っておくことが大事です。

メンテナンスは購入時と同じように使い方に疑問がないようにしなければならないのは当然です。それに、いつもその場にいる人が使えるように、リース会社の指導のもとできちんと使い方の研修を行っていなければなりません。また、医療機器でもあることから埃や湿気に気を配るなど、いつでも使うことができるという状態にしておくなどにも注意を払う必要があります。そして、異常を禁じたらリース会社に連絡しましょう。

耐用期間や気象条件にも気を配ると同時に、大きな電気が生じることから幼児の目に触れないようにしておくことも大切、リース会社の担当者にいつでも連絡がとれるようにして浮きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*