腱鞘炎の症状と原因、治療法について

腱鞘炎は、筋肉と骨をつなぐ腱の外側を包んでいる腱鞘に起こる炎症です。手や指の腱、アキレス腱などにも腱鞘炎が起こります。高い頻度で起こる部位は、手、指で、腱鞘の中が狭くなるために腱の滑りが悪く、この部位の摩擦が悪くなり狭窄性腱鞘炎となります。指には県という筋肉と骨をつなぐ筋が通っており、この県の働きによって指が曲がるのです。

腱には腱鞘の中を通っております。腱鞘炎が繰り返し起こると腱鞘が狭くなり、腱が引っ掛かって指が伸びなくなり、パキッという感じとともに指が伸びた状態になることをばね指と呼んでいます。指の腱鞘炎は、手をよく使う職業の人や妊娠、出産、更年期の女性に多く起こる症状です。部位としては親指や中指に多く起こります。

糖尿病のひとにも起こりやすい傾向にあります。腱が引っ掛かって指が伸びなくなり、パキッという感じとともに指が伸びた状態が典型的な症状であり、指の付け根の腫れや痛みといったことで診断できます。まれに引っ掛かりの原因が腫瘍のこともあるので補助的な診断として、超音波検査やMRI検査を行う場合もあります。治療法としては、できるだけ手を使用しないようにし、安静を保つための装具や副木で発症部位を固定したりします。

また、消炎鎮痛薬やビタミン剤の服用、副腎皮質ホルモン剤の注射なども行われます。この注射を頻繁に行うと腱自体が弱くなり、まれではありますが腱が切れたりすることがありますので、注射の際には医師の説明を受けることが大切です。このような治療で症状が軽くなる人が多いのですが、良くならない人や指が曲がったままの状態の人の治療には、手術することで治ります。外来日帰で手術が可能であり、狭くなった腱鞘の一部を切って、スムーズに腱が動くようにするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*