会社や施設がAEDを設置する意義

AEDは自動体外式除細動器のことで救命処置用の医療器具です。心室細動を起こしている人に電気ショックを与えて、心臓を正常な動きに戻すためのもので、病気や事故などによって心肺停止状態になった人の救命に役立っています。設置すしている場所は駅や空港、ショッピングモールなどの人が多く集まる場所や、学科や図書館などの公共施設などがあり、他にも最近では一般の会社などにも設置されていることも珍しくなく、それでも24時間365日使用できる設置場所はまだまだ少なく、いつでも利用できる環境の整備が望まれています。会社などにAEDを設置するのはそこで働く社員の命を守るだけでなく、社会全体を見た時施設としての価値向上に繋がります。

通りがかった人が事故などに遭遇したり、災害などが発生した時に一次的な避難場所になった時などに人命救助に貢献します。AEDを会社に導入するにはレンタルやリース、直接機器を購入する方法があり、レンタルは長期の契約がほとんどで、定期的な部品の交換などのメンテナンスも込みの値段になっています。リースも長期契約で毎月一定の金額を支払い、購入は保険や法人の場合の税金面でメリットがありますが、定期的な部品の交換やメンテナンスなどに考慮する必要があります。AEDを設置すると施設内での事故や急病に対応できる安全管理の向上や、設置していることを多くの人が知ることでの施設価値の向上、社会的な責任を果たしていることでの評価などのメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*