万が一のときに頼もしいAEDは会社にも設置しよう

緊急事態に欠かせないのがAEDで、最近は公共施設や街中でも見かけることが多いです。しかし、会社に設置してある割合はまだまだ低いです。会社も多くの人が出入りするのでリスクとしては、設置しておいてもおかしくはありません。しかし、会社だとまだまだ意識は低いことが多いです。

会社に設置することで、社員や取引先などの人で万が一のことがあれば役立ちます。さらにAED画あることで企業の意識が高いこともアピールできますから、信頼にもつながります。これだけでも安心できますし、社会的な役割を果すこともできます。他にも社員全体の意識の向上にも役立ちます。

というのも、身近にAEDがあることでどう使うのか、どんな場面に使うのかが身につきます。存在だけ知っていても、実際に使えないのでは意味がありません。その点で身近にあることで興味をもって知識を習得することにもつながります。会社で研修を行えば、より実際に使える人材になりますし、それが社外で必要になった時でも活用されます。

自社の人材が社会で活躍するきっかけにもなります。置き場所もとりませんし、費用も負担になるような高額でもありません。AEDは今や使える環境と使える技術をもっているのは当然になっています。それを社員に身につけさせることもできるので、設置しておくことはこれからも増えるでしょう。

いざというときには命を守ることにもなりますし、実際に触れることが出来るだけでもメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*