AEDを会社に置く意味は

駅や公共施設スポーツ施設などでAEDと呼ばれる機器が設置されるようになっており、近年では会社などでも設置されるようになっています。このAEDは自動体外式除細動器と呼ばれるもので心室細動と呼ばれる状況になった際に、指定された方法で使用することにより電気ショックを与えて正常な状態に戻すというものです。心室細動は振動が痙攣することによってポンプとしての機能を失った状態となり、血液が体に行き渡らなくなる状況でいち早く正常な状態に戻さなければ大きな障害が残ったり最悪の場合には死亡に至ってしまう恐ろしい状況といえます。心臓マッサージなどでも一定の効果はありますか最も確実なのは電気ショックを与えることで、これを自動で行なってくれるのがAEDになります。

AEDを設置する意味は、心室細動になってしまった人を救命することにあり様々な場所に設置することによってその確率をあげる意味でも重要な要素となります。設置義務そのものはそれ強制ではありませんが、会社内でも設置することが増えてきており、安心して働ける環境という点で考えても意味があります。特に心室細動が原因で病院に運ばれる人は多くて、これが原因で死亡する人の数は交通事故死者数よりも多いものです。つまり会社内でもいつ誰かが発作を起こすというリスクを抱えており、そのような状況から少しでも救命率を高めるという点でAEDを設置する意味があります。

また機会が自動で行なってくれますから正しい心臓マッサージを行うよりも蘇生させることができるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*