AEDを会社に設置することのメリット

自動体外式除細動器は、救命処置用の医療機器です。AutomatedExternalDefibrillatorという英語の頭文字を取ってAEDと呼ばれることの多いこの機器は、発作などによって心肺停止を起こした人に対して電気ショックを与え、正常なリズムの鼓動を取り戻させるために使われます。駅や官公庁の待合室などにはたいてい設置されていて、非常に目立つ案内板などが取り付けられているので目にする機会も少なくありません。このAEDは、人命救助の観点から不特定多数の人が出入りする場所にはもれなく設置するのが望ましいとされています。

設置を義務付ける法律こそありませんが、自治体の中にはホテルやスポーツ施設などへの設置を義務化しているところが見受けられますし、設置を努力目標に掲げる自治体も増えてきています。こうしたことから、民間の事業者の中にも設置を進める動きが見られます。また、集客施設を持たない一般企業においても、会社の中すなわちオフィスや工場などにAEDを設置する例が目立ってきています。これは言うまでもなく、従業員の命を守るという目的のもとに進められている動きです。

統計によれば、心肺停止者に対する救命処置にAEDを使用した場合とそうでない場合では、使用した場合の方が圧倒的に生存率が高いとされています。職場に常にAEDがあれば従業員の会社に対する安心感は増しますし、会社側も貴重な人材を失うリスクを低減することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*