AEDの購入を考えるときに必要なこと

人命救助に大変役立つアイテムとして、AEDが注目されています。一般人でも使うことが出来る上に、安全性も高いAEDはすでに公共施設などで装備されており、多くの人々のために役立っているのです。実際に購入を検討している企業も多いことでしょう。「万が一に備えてのアイテム」というものは、普段使用しないというイメージがあるため、導入に至らないことがほとんどです。

AED購入の際に気をつけておきたいポイントは、普段使わないという認識の場合、メンテナンス等が行き届かない可能性があるということでしょう。電極パッドや駆動するためのバッテリーは、実は定期的な交換が必要です。購入後はこういった消耗品について、管理することが大切になります。AEDにはセルフチェック機能が備わっており、自動的に本体自身が点検を行うという性能を保有します。

もし異常が発生した場合には、インジケーターやブザー音などで周囲に異常を知らせるということがあるのです。そのため、このインジケーターなどのチェックは毎日定期的に行う必要があります。ただ、この点においてAEDは非常に進化を遂げています。わざわざ本体などを開く必要はなく、中身を確認する必要はありません。

セルフチェックにおいてバッテリーやパッドの交換が必要と表示された場合は、そのまま交換すれば問題なく使用できます。購入費用と消耗品、そして維持費用がかかるということを覚えておけば、企業に導入することは良いことと言えます。AEDの購入のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*