購入やレンタルなどAEDの入手方法は様々

病院の定期診察で健康に気を遣ったり、食事制限やカロリー調整などで毎日口にするものに気を付けたりなど、身体を労り十分なケアを行っていても、人の健康はいつ害されるか把握出来るものではありません。特に年を取っていくにつれて身体の内側と外側の両面から弱体化していき、高齢に至るまで無茶なライフスタイルが常習化しているようでは、ある日突然心臓が正しく機能しなくなるということも十分にあり得ます。心臓は体内の血液を身体の隅々にまで循環させる、言わばポンプのようなものですが、血の巡りが必要以上に良くなる習慣や血管に負荷がかかる食生活、例えばお酒の飲み過ぎや高脂質の食べ物の過度な摂取によって、確実に心臓に無理が積み重なります。しかしながら、生活習慣を変えるということは口で言うのは簡単ですが、実行するとなるとなかなか行動に移せるものではありません。

ならばせめて、もしもの事態に備えてAEDを購入して、緊急時でもすぐさま人命確保に繋がる行動が取れるような状況にしておきたいものです。AEDは会社や公共施設など、人で賑わう建物に設置されているイメージが強いですが、実は購入やレンタルすることが可能です。AED購入の料金相場は、おおよそ20万円から35万円で、簡単には購入には繋がらない金額となっています。しかし、レンタルなら月額4、500円から6、000円程度が相場とされており、通常では5年間ほどの年間契約をする必要があります。

高齢者の方がいらっしゃる世帯には、特にAEDが必要とも言えますので、経済的に無理のない範囲で準備しておくのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*